FC2ブログ

アナフラニールジェネリック(Obsenil)10mg




Clofranil(クロフラニル)は犬の分離不安、猫の不安症治療のお薬です。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離性不安の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、Clofranil(クロフラニル)で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

行動療法
飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

薬物療法
あくまでも行動療法の補助として行われます。Clofranil(クロフラニル)は、行動療法との併用による治療効果をより早く、効果的にすることを目的としています。

Clofranil(クロフラニル)は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

また、猫については不安症(尿スプレー、過剰グルーミング、過剰な鳴き)の治療の補助としてClofranil(クロフラニル)が使われています。

アナフラニールジェネリック(Obsenil)10mg

スポンサーサイト



クロミカルム(Clomicalm)5mg


クロミカルム(Clomicalm)5mg



クロミカルムは犬の分離不安症、猫の不安症治療のお薬です。有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

行動療法
飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

薬物療法
あくまでも行動療法の補助として行われます。分離不安治療補助剤として承認されているクロミカルムを使用して、行動療法との併用による治療効果をより早く、効果的にすることを目的としています。

クロミプラミン塩酸塩は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

また、猫については不安症(尿スプレー、過剰グルーミング、過剰な鳴き)の治療の補助としてクロミプラミン塩酸塩が使われています。

クロミカルム(Clomicalm)5mg

アナフラニールジェネリック(Clofranil)50mg


アナフラニールジェネリック(Clofranil)50mg



Clofranilは犬の分離不安症、猫の不安症治療のお薬です。クロミカルム錠と同じ有効成分のクロミプラミン塩酸塩を含有しています。

飼い主から引き離されると、過度な不安やストレスによって過剰な吠え、不適切な排泄、破壊行動をとったり、飼い主への過剰な愛着(在宅時の後追いなど)を示す犬がいますが、これらは分離不安症と呼ばれています。分離不安症の犬は脳内のセロトニンの作用が減弱しているため、クロミプラミン塩酸塩で脳内セロトニン作用を高めることで、不安を軽減させると考えられています。

分離不安症を治療するには、行動療法と薬物療法の2つを行うことが薦められています。

行動療法
飼い主への過度の依存心を軽減し、犬の不安やストレスを減少させることを目的に行われます。飼い主との適切な関係を構築し、犬を精神的に自立させます。

薬物療法
あくまでも行動療法の補助として行われます。分離不安治療補助剤として承認されているクロミプラミン塩酸塩を使用して、行動療法との併用による治療効果をより早く、効果的にすることを目的としています。

クロミプラミン塩酸塩は脳内のセロトニンの作用を高めることにより、不安を取り除きます。それによって、学習能力を低下させずに行動療法を受けやすくします。

また、猫については不安症(尿スプレー、過剰グルーミング、過剰な鳴き)の治療の補助としてクロミプラミン塩酸塩が使われています。

アナフラニールジェネリック(Clofranil)50mg

バッチレスキューレメディペット(Rescue Remedy)


バッチレスキューレメディペット(Rescue Remedy)



バッチレスキューレメディペットは、ペット用のバッチフラワーレメディです。

バッチフラワーレメディーは、1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された自然療法として有名です。思想的にホメオパシーの流れを汲んでいます。人だけでなく、動物にもその療法は利用されています。

車、病院、雷などの恐怖を和らげたり、緊張やパニック、事故後のショック状態にある犬、猫、ウサギなどのペットに使用されています。

バッチレスキューレメディペットは、生活のあらゆるシーンにおいて、ペットをリラックスさせたいときに使用することができます。トリミングサロンや病院などに行く前に使用することで、緊張を和らげることも期待できます。

バッチフラワーには、副作用や中毒性が無いとされていることもポイントです。成分は天然の花や草木から抽出されたもので、世界60カ国以上で愛用されている商品です。

バッチレスキューレメディペット(Rescue Remedy)

[ArkNaturals]ハッピートラベラー(HappyTraveler)


[ArkNaturals]ハッピートラベラー(HappyTraveler)



アークナチュラルズのハッピートラベラー犬猫用カプセルは、ペットの不安やストレス、乗り物酔いをケアするためのサプリメントです。

ハッピートラベラー犬猫用カプセルは、ペットが飼い主さんと長期間離ればなれになる状況や、獣医への訪問、車や飛行機での移動、嵐や雷などの天候不順、花火などの時に、ペットがストレスを感じないようケアします。新しい環境に置かれ、興奮したり神経質になっているペットを落ち着かせます。

ハッピートラベラー犬猫用カプセルは、習慣性もなく、植物性の天然成分のみで設計されているので、ペットに安心して使用できます。

[ArkNaturals]ハッピートラベラー(HappyTraveler)

カテゴリ