FC2ブログ

ベトメディン・チュアブル錠5mg犬用 (Vetmedin Chewable Tablets)


ベトメディン・チュアブル錠5mg犬用 (Vetmedin Chewable Tablets)



商品名が、VetmedinFlavourTabletsからVetmedinChewableTabletsへ変更となりましたが同じ製品となります。

ベトメディン・フレーバー錠は、犬用の拡張型心筋症や弁閉鎖不全症(僧帽弁および/または三尖弁逆流症)を原因とする
犬のうっ血性心不全の治療薬です。

犬が好きな味付きのフレーバー錠です。

主成分であるピモベンダンは、心筋細胞内の細胞収縮にかかわるタンパク質のカルシウム感受性をあげることにより、心収縮力をあげ、血管内皮細胞内にあるフォスフォジエステラーゼ�Vという酵素を抑制することにより、血管収縮作用を抑制する働きがあります。

食欲の低下、疲れやすくなったなどの変化が見られたら心臓病の初期症状である可能性もあるので、病気のサインや日常の中での変化を見逃さないようにすることが重要です。

ベトメディン・チュアブル錠5mg犬用 (Vetmedin Chewable Tablets)

スポンサーサイト



ベトメディン・フレーバー錠1.25mg犬用 (Vetmedin Flavour Tablets)


ベトメディン・フレーバー錠1.25mg犬用 (Vetmedin Flavour Tablets)



ベトメディン・フレーバー錠は、犬用の心不全治療薬です。有効成分のピモベンダンを含有しており、僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善に用いられます。

ベトメディン・フレーバー錠に含有されている有効成分のピモベンダンは、心筋の収縮に必要なカルシウムを効率よく生体で利用させ、心臓の収縮力を高めることで、息切れや息苦しさなどの症状を改善します。また、ホスホジエステラーゼ(PDE)酵素の活性を抑えることで、血管を拡張し、心臓への負荷を軽減します。

強心作用および血管拡張作用の2つの作用を同時に示すピモベンダンは、従来の薬とはまったく異なった作用機序により、ゆっくりと確実に進行して行く慢性心不全に対して効果を発揮します。

ベトメディン・フレーバー錠1.25mg犬用 (Vetmedin Flavour Tablets)

ベトメディン・ハードカプセル5mg犬用 (Vetmedin Hard Capsules)


ベトメディン・ハードカプセル5mg犬用 (Vetmedin Hard Capsules)



ベトメディンは、犬用の心不全治療薬です。有効成分のピモベンダンを含有しており、僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善に用いられます。

ベトメディンに含有されている有効成分のピモベンダンは、心筋の収縮に必要なカルシウムを効率よく生体で利用させ、心臓の収縮力を高めることで、息切れや息苦しさなどの症状を改善します。また、ホスホジエステラーゼ(PDE)酵素の活性を抑えることで、血管を拡張し、心臓への負荷を軽減します。

強心作用および血管拡張作用の2つの作用を同時に示すピモベンダンは、従来の薬とはまったく異なった作用機序により、ゆっくりと確実に進行して行く慢性心不全に対して効果を発揮します。

ベトメディン・ハードカプセル5mg犬用 (Vetmedin Hard Capsules)

カテゴリ